菅野一勢の現在と評判は?詐欺師だなんてありえない!

菅野一勢4
Pocket

こんにちは!零細個人事業主Webデザイナーだったのが、1年で売上が50倍以上アップ、年商1億円突破しましたヨネヤマです!

実はヨネヤマ、この短期間でこれだけ収益を上げることが出来たのは、菅野一勢さんがきっかけでした。本を読んで憧れ、ついに出会うチャンスに恵まれ、セミナーに参加しここまで来れました!

しかしインターネットを見ると、事実と違うことが結構書かれているので、「これは誤解を解かねば」と奮起し、記事を書かせていただきました。

この記事では菅野一勢さんの現在と評判についてお伝えしていきます!

菅野一勢の現在の評判と口コミは?

まずは、菅野一勢さんの現在の評判や口コミについて見ていきたいと思います。

「菅野一勢」で検索をかけてみると、本人が書いている公式サイトやブログがありました。またFacebookもあるのが分かります。

ここで菅野一勢さんの経歴や、本人が普段どう考えているかを見ることができますね。

そしてAmazonで見てみると、沢山の著書があるのも分かります。

著作の評判の声

そして気になる評判なのですが、まずは著書の中のひとつ、「世界一ふざけた夢の叶え方」のレビューを見てみましょう。

星5つがダントツで多い!その中からいくつか紹介すると、

・僕は、マンガ以外の本を完結まで読んだことはなかったです。はじめて読み終えました!しかも!終始ワクワクし続けて!最幸の本です!(誤植ではなく、本当に「最幸」と書かれていました)

・まず、表紙の写真が素敵!センスあるでしょ!なんでも出来る気になるから。肝心の中身も普通の人が、同じことをやれば、出来る内容だと思う。素直に話せる友達が近くにいる。同じモチベーションを持ったライバルがいること、それが大切なんだと感じました。あとはみんなで会って、とにかくとにかく前進あるのみ!失敗は挑戦したものしか味わえないのだから。

・本当に面白くて、ワクワクしながら2回読み!赤面症の会社員が、プータローが、平社員がっ、それぞれ不思議な縁で出会い、繋がり、お前なら出来る!と励まし合いながら、ベストセラー作家に、100億円企業の創業者に、理想のライフスタイルを実現したプロデューサーになった!最高の物語で実話です。

等、ワクワクしながら読んだ、また中身も充実しているという感想が多くありました。

この本は菅野一勢さんと仲間2人が夢を叶えるための実話の物語を本にまとめたものであり、柳田厚志さんとひすいこたろうさんという方と一緒に書かれた書籍です。

ヨネヤマも実際に菅野一勢さんの本を読んだのは、この著書が初めてでした。本当に楽しく、しかも大切なことを凝縮して伝えてくれていて、一気にファンになりました。

それでは、菅野一勢さん単独で書かれた書籍はどうでしょうか。

続いて、「他力本願で金持ちになる人、自力本願で貧乏になる人」のレビューも見てみましょう。

こちらもダントツで星5つが多かった!実際の口コミを見てみると…

・レビューを書くのは生まれて初めてなのですが、この本は絶対に書きたい!と思わせてくれる位、最高の本に出会いました。仕事面や、人間関係の面で行き詰まりを感じてたので、心にズシズシと響きました。

本の内容が、菅野さん自身の体験をストーリー形式で伝えてくれるので非常に読みやすくて、私は一気に読んでしまいました!本には折り目がいっぱいで、膨れ上がっています。菅野さんの相手を思いやる心、まずは飛び込む精神に惚れ惚れしました!これから、何回も何回も読ませて頂きます。

・我が子のために全身全霊で書いたとありました。伝わりましたね。批判されれば当然凹む。だけど2、3人に嫌われてもあと59億9999万人の人がいる。というのは印象に残りました。

どんなに成功しても、どんなに人に喜ばれても批判は免れない。ならば解釈を変える。たくさん嫌な経験があったみたいですが、その度にいい解釈に変えてきたと。どんな仕事にも通用するマインドだと思います。いい本だと思います。読む価値ありで☆5つです。

こちらも、読んで価値のある本だという評価が多いですね。

こちらの書籍は、まさに菅野一勢さんの歴史がそのまま書かれてある本です。成功の歴史もあれば、数々の失敗の歴史もありのままに記載されています。

その中で菅野さん自身が発見した成功者の考え方を、ご長男が20歳を迎えた時に伝授したいという思いで書かれたと、文中で述べられています。

その言葉通り、成功するための考え方、行動について等が分かりやすく記載され、内容もとても濃いものとなっています。こちらの書籍も菅野一勢さんの仕事へのマインドや行動についての深い理解と飾らない人柄が伝わってきます。

本を読む限りだと、菅野一勢さんはビジネスについて非常に大事な本質を掴んでいる人物、そして飾らない魅力がある人柄のように思えますね。

それでは実際に会った印象はどうでしょうか?書籍での印象と同じなのか、はたまた違うのか?

実際に菅野一勢さんに出会った人、コンサルを受けた人の評判を見てみましょう。

実際に会った方の言葉

菅野一勢さんが主催の一人になっているセミナーでの感想が書かれているものを見つけました。詳細は後ほどお伝えしますが、そこにはこのような評判が書かれてありました。

・「これ参考になるよ、見てね」って漫画を貸すくらいの気軽さで凄い成功事例がもらえます。成功事例なんてライバルに真似されるから普段出しませんよね。普段なら知ることができない成功事例を知ることができます。しかも凄い結果を出している人の成功事例です。自分の業界ならどう応用できるか?を考えればいいので、ライバルが必死に悩んでる横で、テストでカンニングしているようなものです。

・3年前(2015年)サラリーマンを辞めて起業したものの、今の事業では先が見えず、あと数か月で倒産寸前、これからどうしようと途方に暮れていた時に出会いました。あとがない状態で覚悟を決めて動いた結果、事業は1ヶ月目から月商100万円を越し、現在では月平均月商700万、利益100万以上を残せるようになりました。その良い流れに乗っかったかのように、元々やっていた事業も売上が5倍になりトータルで年商1億円近くまできました。あの時の出会いがなければと恐ろしいぐらいです。

・しがないサラリーマンにすぎなかった自分ですが、何と半年後には副業の収入が本業を上回っていました。その翌月には副業という形で事務所を借り、スタッフを2名雇用して一気に組織化へとステージを上げることが出来たんです。そしてその勢いのまま独立初月で利益100万円を達成することが出来ました。何を学ぶかではなく誰に学ぶか、この言葉の意味が身に染みた濃厚な一年でした。自分を唯一褒めるならば、それは師匠選びに狂いはなかった。このひと言に尽きます。皆さんも是非『本物』から学んでください。後悔しないですから。

これらの声は、ほんの一部です。実際にはまだまだ実績をあげている方が大勢いました。しかもすべての人が顔や名前を公表しています。サラリーマンで顔出しNGの人も含めたらもっといるでしょう。

ヨネヤマも顔出しは遠慮させていただきましたが、冒頭でお伝えした通り、年商1億を突破することができました!

このように、実際に会った人や指導を受けた方々が、厳然と結果を出していて、出会えて良かった、本物だと口を揃えて評価しています。

本の印象と寸分違わぬ、菅野一勢さんの教え子を成功に導く手腕がここでも光っていました。

言葉だけで自らが動かない指導者なら、これほど信頼される事はないでしょう。しかもこの声は名前も顔も公表されているので、嘘のつきようがない評判です。まさに菅野一勢さんが本物であるという証拠ですね。

一方で、悪い評判や口コミを載せているサイトも発見しました。これも気になりますね。それについても見ていきたいと思います。

悪い評判についての違和感

ある上位サイトに、次のように書かれていました。(検索すると複数悪い噂の記事がありましたが、調べるとどれも同じサイトだということが分かりました。あえて名前は出しませんが、調べればすぐに分かります。)

「情報商材を販売するだけでなく、数々のセミナーでの講師も勤めているため、菅野一勢のファンを自称する人間を多くいるようです。ネット上では菅野一勢の情報商材なら大丈夫である、菅野の情報商材を読むことで成功できたということを書いている人をたくさんいるのです。

しかし菅野一勢はネット上での活動の状況を見ていると、活動している時期と、活動していない時期が結構あったりします。2008年から活動を始めていましたが2016年時点でほとんど表立って活動している様子が見られませんでした。

なぜそうなったかと言うと、これは推測ですが菅野の活動できない事情、つまり警察の厄介になっていた時期があるのではないのかと考えられます。菅野一勢の商材は役に立ったという人がいなくはないのですが、その大半は詐欺的なものが殆どとのこと。(誤字含め原文のまま)」

このように書かれていましたが、正直この文章を見て、違和感を感じた部分が沢山ありました。主に次の部分です。

「ネット上での活動状況を見ていると」「2016年時点でほとんど表立って活動している様子が見られませんでした。」「これは推測ですが菅野の活動できない事情、つまり警察の厄介になっていた時期があるのではないか」「その大半は詐欺的なものが殆どとのこと」。

これらの文章を見る限り、インターネット上でしか、菅野一勢さんを知らない可能性大です。「ネット上での活動状況を見ていると」この言葉が物語っていますね。ネットで調べた以上の情報を得ていない人の文章です。

もし実際に会っていれば、文章が変わるはずです。

「活動していませんでした」「時期がありました」「殆どでした」と断定し、事実として書けるはずです。

それがないという事は、確証がないまま評判や口コミを書いているのが明らかです。自分ではっきりと「推測」と書いていますしね。

そして一番違和感があったのが、その推測の部分での「これは推測ですが菅野の活動できない事情、つまり警察の厄介になっていた時期があるのではないか」という文章。

何故、活動できない=警察の厄介になっていた時期がある、と結論づけられるのでしょうか?しかも推測のみで。

仮に活動していない時期があったとして、真っ先にどんな理由を思い浮かべますか?ヨネヤマだったら、「あ、病気だったのかな?」という想像をします。

「活動していない理由」を推測するのに、他に色々な選択肢があるでしょう。

例えば病気をしていた、家族を看病していた、家族との時間を大事にした、もう稼げるだけ稼げて活動する必要がなくなった、等。むしろそのように考える方が自然のように思います。

答えを先に言ってしまうと、実は菅野一勢さんは家族との時間を大事にするために、シンガポールに移住しセミリタイア生活を送っていた時期があった、というのが真実です。

菅野一勢さん本人がはっきり言っていますし、先ほど紹介した著作にも書かれています。

それを「活動していない」から「警察の厄介になっている」というあまりにも自分勝手な推測に、ヨネヤマは口があんぐり空いたまま塞がりませんでした。

そんな突飛な発想は予想もしなかったですし、あらかじめ「警察の厄介に」という文章を用意していて、あえて悪質なイメージを植え付けようとする意図があるように見えてしまいました。

その後の文章を見ても、「詐欺的なものが殆ど」「商材の大半はいい加減なものでした」「詐欺商材」「役に立たない」等というマイナスイメージの言葉を畳みかけるように並べていますが、その根拠や実際の具体的な証拠等は提示されていません。そもそもその記事を書かれた人物の顔も名前も出されていません。

さらに「被害者が多いのも事実です!」と書かれていますが、その被害者が誰であり、どう被害を受けたのか、具体的な声はどこにも書かれていませんでした。

実際に実績を出している顔や名前を出している方々の存在はどう説明するのでしょうか?もし詐欺であれば、このように顔や名前を出して堂々と実績を語っている人が大勢いる事実などあり得ません。

確かな証拠を提示しないまま「詐欺師」という言葉を繰り返し提示し、菅野一勢さんのイメージを落とそうとする意図のみが見えてきます。

他の記事も調べてみましたが、そのおおもとは同じサイトが管理していました。しかもどの記事も同じように、裏付けがないままだったり、曖昧な表現だったり、セミナーの時間も2時間しかない等と(実際には1回のセミナーで5時間もの時間を割いています)事実と違うことが平然と書かれていました。

真実を知っているヨネヤマとしては、こういうデマは許せないところです。

いい評判と悪い評判を比較して

菅野一勢さんのいい評判は書籍でも多かったですが、それと合致した声が実際に会った方からも確認が取れました。皆さん、顔も名前も公表して、実績もあげている事を述べています。

一方で悪い評判が書かれていたサイトは、まず書いた人物が誰だか分かりません。しかも本人と会ったことのない可能性が非常に高いです。そして悪い評判の裏付けの具体的な証拠の提示がありません。

どちらが信用できるか、一目瞭然ですね。

菅野一勢さんが詐欺師であるはずがありません。これだけ多くの方が証明していますから。

誹謗中傷できちんとした根拠も出せないようなサイトが何故上位にあり続けるのかが不思議でなりません。

嘘が広がらない為にも、こういう誹謗中傷で固められた情報を流すサイト等が上位に来ないことを願うばかりです。

それでは、菅野一勢さんは現在、どんな活動を実際に行っているのでしょうか?それについてもご紹介していきたいと思います。

菅野一勢は現在中村司と共にアントレカレッジを行っている?

実は菅野一勢さんは現在、中村司さんという方と共に、「アントレカレッジ」というセミナーを運営しています。

この「アントレカレッジ」って何?と思った人もいるかと思います。それについて説明していきましょう。

アントレカレッジの目的

正式名称は「起業の専門学校~アントレカレッジ~『起業スタートアップセミナー』」といいます。このセミナーの目的は、「幸せな経営者を育成、輩出する」こと。

経営者を1000人輩出する、しかもただ「1000人経営者を量産する」のが目的ではなく、あくまでも「幸せな」経営者を育成するのが目的です。

ただ金額だけ多く稼げればいい、というのではなく、そこに心の豊かさや時間の自由等も実現し、自分の本当に果たしたい人生の目標を達成させるのが本当の目的と話しています。

その目的は人によって違いますよね。

海外に住みたい、海の近くでサーフィンをしたい、家族と旅行に行きたい、別荘を買いたい…それぞれ自分の夢を持っているはずです。

それを叶えるのが本当のゴール。お金はそれを叶えるためのあくまで「手段」だと話しています。

しかも自分だけが幸せになるのでなく、お客さんも世間も、神様も喜ぶ「四方よし」のビジネスを成功させた上で夢を叶えるのが目的です。

数多くの実績者を輩出

このアントレカレッジでは、ビジネスに取り組む姿勢から具体的な方法までくまなく学ぶことが出来ます。

菅野一勢さんや中村司さんはネットビジネスだけでなくリアルビジネスでも桁違いな数多くの経験をしています。そこから得た豊富な経験をもとに、ビジネスで成功する法則やマインドを惜しみなく教えてくれます。

これだけでもボリュームが沢山あり、吸収できればかなりビジネスに成功する法則が身に付き、成功しやすい脳と心が手に入ります。

そしてマインドだけでなく、具体的なノウハウやアドバイスもしてくれます。

本当に「これを教えていいの、大丈夫?」という核心の部分までです。菅野一勢さんや中村司さんにとっては膨大な経験の中の1つに過ぎないのでしょう。

これで、事業で悩んでいる部分を解消することができます。

そして菅野一勢さん、中村司さんはグローバルな視点で豊富な経験を持っており、かつ常に新しい情報を手に入れているため、今現在どんなビジネスが成長するのかも熟知しています。そのため、成長する上質なビジネス最新情報を、的確にアドバイスしてくれるのです。

また、1人ビジネスからスタッフを雇用する具体的な方法、そして会社の継承という部分まで、一連の流れを伝えてくれるのです。少しずつ周りに任せていく事で、自分自身の負担を減らす方法です。

そのため、自分の夢を叶えるための「自由な時間」を手に入れることが可能になります。

既に事業を始めている人にとっても、もちろん成功するための情報を豊富に得られますが、ビジネス初心者でも成功できるノウハウもしっかり持っています。

そのため、サラリーマンや主婦等、初心者で何もネタがない人でもすぐに成功するビジネスに取り組むことができます。

さらに、事業を広く認知させるための出版やメディア戦略等についても手腕に長けていて、それを有効に用いて収益を上げていく方法も教えてくれるのです。

そのため、初心者、経験者、また男女問わず、多くの参加者が実績を上げています。

全くの初心者が脱サラに成功した人、メディアを活用して売り上げを3億から18億へと伸ばした人、出版をして1億を達成した当時大学生等…その数は数え切れません。

先ほどの評判や口コミの部分で紹介した、「実際に会った人の言葉」も、このアントレカレッジでの実績者の人たちの声です。

実際の声はここから見ることが出来ます。これを見ると、どのような経緯で、どう成功したかをより詳細に見ることが出来ます。

実績者の声はこちら

起業が初めての人から経験者、また男女問わずこれだけの人が、こぞって菅野一勢さん、中村司さんについて「本物」だと証言しています。

この声がまさにこのアントレカレッジが本物であるという、動かぬ証拠でしょう。

ここまで実績者を輩出している菅野一勢さんと中村司さんは、いったいどんな経歴なのか?それを見ていくと、公式サイトに次のように紹介されていました。

菅野一勢さんの経歴

「日本とシンガポールを中心としたアジア地域で、合計24社、60億円規模の起業を経営するビジネスオーナー」

通信系の代理店を経営していたがインターネットの可能性を感じ、メールもできない状況から2003年にネットビジネスに参入。1年足らずで年商1億円を売り上げる。

その後、実践をもとに培ったネットマーケティングの知識を生かし、2005年よりネットコンサル業を開始。年商1億円超えの生徒を続出させる。

2006年インフォトップを創業。「日本最大級のASP」と呼ばれるまでに成長させたのちに継承。その後、次男が生まれたのをきっかけに、シンガポールにてセミリタイア生活に。

一定の充電期間を経て、事業を再開。シンガポールにいながらグループ20社を自動操縦をし、グループの年商は50億円を超え、来季は70億円を超える見込み。

現在は20社のオーナー業のほか、「シークレットクラブの運営」「セカフザトークライブ」なども行い、業界の大物や実力者にも慕うものは多い。

中村司さんの経歴

「グループ企業50億円以上のオーナー兼マーケティングコンサルタント」

1500人中、No.1セールスマンとして活躍後、全国90社の販売店1位の実績を残すなど経営者としても活躍。その後インターネットの可能性を信じ、ネットビジネスに参入。参入後、1年足らずで年商1億円を達成。

その後も圧倒的なマーケティング力と組織化・仕組み化により、自動操縦で年商は数十億円に拡大。

マーケティングコンサルタント&プロデューサーとしても、プロスポーツ選手、芸能人、投資家、医者、士業、コンサルタントなど、「専門家を成功に導く専門家」として、ホームページの立ち上げから、集客、仕組み作りまで、包括的なアドバイスを行う。論より結果。

直ぐに売上に直結するベースのダイレクトコンサルティングが特徴であり、その一方で、『品質重視・売上げ重視』の理念なき会社の支援は行わない。

質の高い『本物の商品を世の中に広める事』を信条とし、マーケティング力がないが為に埋もれている商品、サービスを支援している。

現在、自身が保有する複数の事業の海外進出のためシンガポール在住。著書に「社長のうらぼん」「ザ・スタート」など。

韓国大手TV局のMBN(毎日経済ネットワーク)では、カリスマコンサルタントと紹介される。

人生で最も正しい選択はマーケティングを学んだことと、座右の銘は「マーケティングは人生を変える」。

二人の経歴や信条を比較して

菅野一勢さんの経歴も華々しいものですが、もう一人の主催者の中村司さんの経歴も素晴らしいものですね。そして二人に共通しているとても大事なポイントがあります。

菅野一勢さんは、常々先ほどお伝えした「四方よし」のビジネスを提唱しています。売り手よし、買い手よし、世間よし、そして神様から見てもよしのビジネス。一言で言うと、人の役に立つビジネスです。

そして中村司さんも、「本物の商品を世の中に広める」ことを大事にしています。いい加減なものを売るビジネスには協力しないと断言しています。

アントレカレッジでも、地に足のついた社会の役に立つビジネスへの協力、支援はするけれど、一攫千金のような詐欺に繋がる恐れのある商品の販売の支援は断るとはっきりと伝えています。

ここでも菅野一勢さん、中村司さんの誠実さが伝わりますね。お金をただ儲けようと思っていたら、「内容はどうでもいいから一人でも多く入って下さい」と言いますよね。でもそうではない。

アントレカレッジの目的はあくまでも「幸せの輪を広げる」もの。菅野一勢さん、中村司さんともにネットビジネスだけでなくリアルビジネスにも精力的に参入し、障がい者の就労支援やグループホーム等の運営にも関わっているのです。

一緒にビジネスを行う仲間も大切にしていて、コミュニティも非常に大事にしています。

だから実績者の声の中には、「一緒に高みを目指せる仲間が出来たことが嬉しい」という声もよく見られます。志の高い人の集まりなので、励まし合い、成長し合える仲間がいると、よりビジネスが加速していきます。

それは菅野一勢さん、中村司さんが自ら実証しています。

起業を志すには最高の道しるべ

アントレカレッジ主催の菅野一勢さん、中村司さんはネットビジネス、リアルビジネス問わずあらゆる業種で数々の経験を重ね、失敗体験も沢山しています。そしてそれを隠すことなくシェアしてくれ、そこから学んだ成功法則を惜しみなく話してくれています。

そのチャレンジした数は、何と100種類以上!そして現時点でも半端ない金額を稼ぎ続けています。これだけの実績と経験を持つ人から直接教わる機会は、他では例を知りません。

実は他のセミナーでは、既に引退してしまった経営者が今ではもう通じないビジネス方法論等について語っている事が多く、実践できずに成功できない事が多いと、他のセミナー参加者が話していました。そういったセミナーとは完全に一線を画しているのが菅野一勢さんと中村司さんのアントレカレッジ。

現役で成功し続けているため「今どんなビジネスを、どんな方法で実践すれば成功するのか」を熟知し、そのまま教えてくれるんです。常に最新情報を提供してくれます。

そして人脈も豊富で沢山のスペシャリストとも繋がっているため、その時その時に必要な人を紹介してくれたりもします。一番必要なタイミングで、一番必要な人を紹介してくれるのです。

そのため、起業を初めて志す人から既に事業を行っていてさらにレベルアップしたい人、さらに学生や主婦といった人も含め、あらゆる立場に関わらず成功した実績者を輩出しているのです。

まさに成功のための「道しるべ」を示しているのが菅野一勢さんと中村司さんなんです。

次のことで悩んでいる人には、とても有効だと思われます。

・今の仕事がなくなったらどうしようと不安で仕方ない

・定年退職後の生活費を考えると、今から何とか対策を立てたい

・脱サラして起業したいけれど、何をすればいいのか分からない

・子育て中でなかなか外に出られないけれど、何かできる仕事はないか

・家族の介護で自由に外出できない中で、どうしても生活できる手段を身に付けたい

・今行なっている事業に行き詰まりを感じているが、どう打破すればいいのか分からない

・もう時間に縛られ続ける働き方はしたくない

・事業を立ち上げたいけれど、資金も経験も人脈もないから実行できない

・今のビジネスを広めて名前を認知して欲しいけれど、広告費をあまりかけられない

等など、起業について悩んでいる人にとっては、非常に役に立つものだと思います。

このアントレカレッジ以外にも、菅野一勢さんが精力的に行っている活動があります。

それを見ると、菅野一勢さんの人となりが分かると思います。それについてもお伝えしていきたいと思います。

その他のセミナーや活動、ブログ等について

菅野一勢さんはアントレカレッジという起業家に向けてのセミナー以外でも、様々な活動を行っています。

まずは20社以上ものグループ会社のオーナーとして、出資を行っています。自分自身が稼ぐというステージは既に果たしており、会社を支援する側にまわっています。

そして「世界一ふざけた夢の叶え方トークライブ」といって、若者に夢を与えるトークライブというセミナー活動も行っています。

先ほどご紹介した著書「世界一ふざけた夢の叶え方」が大好評で、その著者の菅野一勢さん、柳田厚志さん、ひすいこたろうさんの3人に「是非3人のトークライブを主催したい!」という声が全国から届きました。そして北海道から九州と、全国各地で若者を応援する活動を行っているんです。

さらに社会貢献も精力的に行っており、バングラディシュの小学校運営をボランティアで行っています。実際に現地を訪問し、こどもたちや保護者の方との交流も行っています。

その様子を菅野一勢さん自身から聞き、実際に訪問している動画も見ました。菅野さんがこどもたちの目線に立って話している様子を見ることが出来ました。

この時にスタッフも一緒に同行していましたが、そこで「日本に生まれただけでツイてるんだ」としみじみ語っていたと話しています。

そんな社会貢献をする喜びを菅野一勢さん自身が感じているのをヨネヤマも目の当たりにしました。

菅野一勢さんは、自分だけ幸せになろうとは思っておらず、まわりと一緒に幸せの輪を広げていくことに力を注いでいるのだと改めて確認出来ました。

菅野一勢さんが普段どんなことを考えているのかは、公式ページやブログ、Facebookを見てみるとよく分かるので、覗いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここでは菅野一勢さんの評判と口コミ、現在行っているアントレカレッジというセミナー等についてご紹介していきました。

実際に会った人からの評判は良く、顔や写真も公表しており確かな情報。反対に悪い評判は会ったことがない人のデマの可能性が高いことが分かりました。

そして、菅野一勢さんが中村司さんと一緒に行っているアントレカレッジというセミナーでも、初心者からベテランまで、また男女問わず実績者が続々と輩出されていることも確かめる事が出来ました。

ヨネヤマも、菅野一勢さんに実際に会ってビジネスの腕の確かさと人柄を知ることができ、人生を変えることが出来たので、一度会いに足を運んでみることをおススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です